【岡野眞規代プロフィール】


 

大阪生まれの大阪育ち。
1975
年大阪市立助産婦学院を卒業し、助産婦になる。公立病院に14年間勤務し、その後、民間病院の婦長になる。

1993年東京にて助産婦教育に携わる。そのとき、吉村正先生の講演を聴き、「お産を文化的な命の営みとしてとらえる哲学と信念」に衝撃を受け

19997月、吉村医院の「お産の家」開院と同時に婦長として勤務。そこで、自然なお産に立ち会う中で、これまでのお産を科学的現象としてだけとらえていたことに気付く。

2004年から拠点を北海道に移し、助産師教育に携わるかたわら、全国各地で講演を行う。

 
現代、当たり前ではなくなってしまった「自然なお産」が人の人生全体にわたって大きな意味を持ち、「人が本来持つ力の凄さと、内側に宿る神々しさ」をお産の中に取り戻すことがいかに大事かを伝えている。
将来は「お産の家」を建設予定。